blog.textfile.org結城浩のブログ

blog.textfile.org

静的サイトをgithub.ioでホスティングし、独自ドメインでアクセスする

はじめに

draftという名前を付けた、非常に単純な”Distraction Free”エディタを使っている。

このエディタは静的なサイトとして設置できるので、GitHub Pages (github.io)でホスティングすることにした。

また、そのサイトを独自ドメイン draft.textfile.org でアクセスできるようにした。

GitHub Pagesの公式サイトに書いてある通りの手順でできた。

手順

  • gh-pagesブランチを作成する。
  • gh-pagesブランチに、index.html および必要なファイルをコミットする。gh-pages ブランチにコミットしたファイルが、github.ioでホスティングされる。
  • この時点で、http://hyuki0000.github.io/draft にアクセスできる。

  • gh-pagesブランチに、独自ドメイン名を書いた CNAME という名前のファイルをコミットする。このファイルの内容は draft.textfile.org という一行である。

  • DNSプロバイダで、CNAMEの設定をする。draft.textfile.orgのCNAMEレコードがhyuki0000.github.ioを指すようにする。
  • DNSプロバイダでの設定が正しくなされているかどうかは、digコマンドで確認する。
1
2
3
4
5
$ dig +nostats +nocomments +nocmd draft.textfile.org
;draft.textfile.org.      IN  A
draft.textfile.org.   300 IN  CNAME   hyuki0000.github.io.
hyuki0000.github.io.  1524    IN  CNAME   github.map.fastly.net.
github.map.fastly.net.    17  IN  A   103.245.222.133
  • DNSの設定が反映されるまでには数分〜十数分の時間がかかる。
  • そこからさらにGitHub Pagesが表示されるまでに少し時間がかかる。
  • GitHubでの設定が正しくなされているかどうかは、Settingsで確認する。

以上。

参照