blog.textfile.org結城浩のブログ

blog.textfile.org

Tumblr, WordPress, GitHub Pages, Octpress, Jekyllを使った一日

はじめに

今日は何だか一日中ブログ用のシステムをあれこれいじっていたみたいです。 簡単なメモを残しておきます。

Tumblr

Tumblrはふだん、毎日の作業予定を書くのに使っています。

http://hyuki.tumblr.com

Vimについての細かい記事を書きたいなと思って、Tumblrにサブブログを作りました。

http://hyukivim.tumblr.com

でもいじっているうちに、Tumblrでコードを書くのはちょっと大変だと気付きました。 Verbatimなテキストを書く方法がデフォルトではないからです。

WordPress

最近WordPressで遊んでいて、MathJaxを入れて楽しんでいました。

http://blog.textfile.org/

ここでもコードを書くのはできなくはないし、 Markdownのプラグインを入れればMarkdownでエントリも書ける。

GitHub PagesとOctopress

GitHub Pagesはプログラマ御用達なので、 コードを書くにはよいだろうと思い、 ついでに話に聞いていたOctopressも試してみようと思いました。

Octopressのサイトはよくできていて、 Gitなどを使ったことがある人なら、順番に実行していくとそのままOctopress + GitHub Pagesな環境が作れます。 自分のドメインを持っていてDNSいじれる人ならそのままカスタムドメインでGitHub Pagesを運用できます。

http://octopress.org/

私も note.textfile.org というドメインを使って試してみました。 これはこれでなかなかよかったです。

ただ、気になったのはGitHub Pagesだと、 deployしたHTMLがバージョン管理されてしまうこと。 うっかりまずいことを書いたものをdeployしてしまうと、 (履歴を消せなくはないですが)ちょっと大変なことになるかも。

Octopress + さくらVPS

ところでOctopressはJekyllと合わせて、静的なサイトを作るツールです。 ということは最終的に作られるのはHTML + CSS + JSということ。 なので、Octopress + Jekyll が作り出したファイルをどこかのWebサーバに設置すれば、 ブログになる。

そこで、以前から使っていたさくらVPSのApacheサーバの一角に、 note.textfile.org 用の場所を作り、バーチャルホスト機能を利用することに。

ブログの元になるソースはローカルなMacBook AirでMarkdownで書き、 MacBook AirとさくらVPSの間はDropboxで同期させることにしました。

そのようにして現在試運転しているのが、この http://note.textfile.org/ ということです。